三好市の浄化槽のことなら、株式会社三好浄化槽ネットワークへ

0120-878-844

〒778-0011
徳島県三好市池田町ハヤシ1035番地1

浄化槽設置施工手順の紹介-6:浄化槽本体据え付け その3

浄化槽設置施工手順の紹介-6:浄化槽本体据え付け その3

某共同住宅の浄化槽設置工事の続きです。
前回、浄化槽本体の据え付け その2について紹介しました。

つづきです。

浄化槽本体を吊り下げていきます。
DSC_0314

浄化槽は構造上、片側だけ重たくなっています。(重心が真ん中ではありません)
同じ長さのベルトで吊ると片方が下がり、水平が保てません。
そのため、ベルトの長さを調整して水平を保ちます。
DSC_0317

ゆっくりと吊り下げていきます。
DSC_0318

吊り下げた後は、道路に平行になるように配置します。

「のるな危険」と書かれたボードは
私たち三好浄化槽ネットワークからの提言によって、つけてもらいました。
浄化槽は基本的に雨の日に設置はできません。
そのため、工場から出荷された浄化槽は雨が止むまで屋外で待機するしかなく、
浄化槽本体に雨水やごみが入ってしまいます。
それらを防ぐためボードを取り付けてもらいました。

これからも、より綺麗で正確に設置できるように
製造メーカーと協力しながらやっていきます。
ではまた、